国宝東塔大修理落慶法要記念モビール「水煙」発売開始

奈良県法相宗大本山薬師寺さんからご依頼いただいたオリジナルモビール「水煙」。

4月の「国宝東塔大修理落慶法要」で販売されるのですが、先行で2月28日より「大阪あべのハルカス」で開催される「薬師寺展」にて販売されます。

国宝のお仕事をさせていただけるなんて、本当にありがたいことです。

「水煙」は薬師寺東塔のてっぺんに1300年前から設置されている装飾で、この度の大修理で新しく新調されました。それを記念して実物の水煙があべのハルカスにやってくるのです。

その「水煙」をほぼそのままのデザインでモビールに仕立てました。

水煙の下には「散花」が舞い落ち揺れています。

立体構造になっており、切り出した透かし彫り2枚が重なった瞬間、左右のエッジ部分が炎の揺らめきのような視覚効果が出ます。

この不思議な揺らめきは実物を見ていただくのがわかりやすいと思いますが、動画も貼ってみます。

モビール「水煙」

みなさま、ざひお誘い合わせの上「薬師寺展」にお越しくださいね。

あ、モビール「水煙」も数量限定なのでこの機会にぜひ!

 

国宝東塔大修理落慶法要記念「薬師寺展」

場所:あべのハルカス美術館 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
日時:2020年2月28日(金)~ 4月19日(日)
時間:火~金 / 10:00~20:00 月土日祝 / 10:00~18:00

■詳しくはこちら➡ あべのハルカス

コメント