モビールの作り方

  • HOME »
  • モビールの作り方

モビールを作るのは意外と簡単です。お家で、職場で、ゆらゆらさせてみませんか?

「コツ」さえつかめばいろんなカタチのモビールに応用できますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
今回は基本的なバランスモビールの作り方を紹介します。

h ■今回作るのは、こんなモビールです。

特に他意はありません。ごく一般的な「カエル」と「土管」と「Tシャツ」のモビールです。

とても基本的なタイプなので、いろいろ応用が利きます。がんばって作りましょうね。

h1 ■まずは材料と道具を揃えましょう。

材料は、画用紙・竹ひご(今回は1.8mm)・糸
道具は、ハサミ・カッター・押しピン・マスキングテープ(貼ってはがせるテープ。なければセロテープ)・マジック

竹ひごを15cmと20cmの2本に切り、糸は20cmを2本、30cmを1本、15cmを1本に切ります。

h2 ■10×10cmの画用紙に「カエル」「長袖Tシャツ」「土管」をそれぞれ描き、大きめに切り抜きます。

切り抜いたら、裏も描き込んでおきましょう(回転した時、裏も見えるからです)。

h3 ■「カエル」と「土管」に20cm、「長T」に30cmのタコ糸を取りつけます。

まずバランスを見るために、糸の先にマスキングテープをつけパーツに貼ります。
真っ直ぐになるまで、貼ったりはがしたりしながら位置を決めましょう。

h4 ■糸の位置が決まったら、テープも糸もそのままにして、糸の上から押しピンで穴を開けます。

パーツの端から5mmくらいのところです。穴が開いたら、糸を通して結びます。
パーツ3つとも結んでしまいましょう。

カエルが吐血したみたいになっているのは、この際気にしません。

h5 ■竹ひごと糸を結びます。

15cmの竹ひごに「カエル」と「土管」、20cmの竹ひごの片側に「長T」を結びます。
それぞれ竹ひごの端から1cmの位置に結んでください。

15cmの竹ひごとパーツの間が、10cmくらいになるように結びます。20cmの竹ひごの方は、15cmくらい空けてください。

h6 ■15cmの竹ひごの真ん中あたりに、15cmの糸を結びます。

結んだら持ち上げてみてバランスを見ます。

傾いている場合、下がっている方に糸をずらすとバランスが取れます。

ここは「とりあえず」な感じでよいです。

 h7 ■今つけた糸と、20cmの竹ひごのもう片方を結びます。

ここも端から1cmの位置に結んでください。2本の竹ひごの間が5cmくらいになるよう結びましょう。
しっかり結べていれば、余分な糸は切ってしまって大丈夫です。

心配な方は一番最後の仕上げ時に、全ての余分な糸を切りましょう。

 h8 ■もうすぐです。がんばりましょう。

20cmの竹ひごに天井から吊るす糸を結びます。長さは吊るす場所によって調節してください。
「カエル」と「土管」に近い方に糸を結びます。

静かに持ち上げて、やはり下がっている方に糸をずらしながらバランスを取ります。

どうですか?いい感じになりましたか?

h9 ■天井に吊るして最終バランスを取ります。

天井にはネジ付きフック、なければ押しピンなどで固定しましょう。
バランス、糸の結びなどをチェックして、問題なければ完成です。

カエルは逃げます。Tシャツが迫ってきます。

Tシャツに貼り付きでもしたら大変!逃げて逃げてっ!ピョコーン、ペターン、ピッタシカンカンでしたね。
特に他意はありません。

■ポイントは「バランスの取り方」です。マスキングテープがあればパーツに糸を結ぶ前に何度でも糸の位置を調整でき、パーツが穴だらけにならずに済みます。

「傾いた時、下がっている方に糸をずらす」というのも基本ですので、この際覚えてしまいましょう。

PAGETOP
Copyright © イロケンモビール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.